平成11年度に携わった延長0.3km道路設計業務です。 河川の付替えに伴う、仮設道路及び幹線道路(W=20m,16m)の設計で、橋梁の仮設供用から本供用での整合性、関連交差点の高さ設定、擦り付けの検討などを行なっています。


平成9年度に携わった延長0.2km道路設計業務です。 歩道の景観に配慮した設計を心がけました。 当社としては、(ある意味で)節目となる記念すべき路線です。


平成1718年に実施設計した区画整理地内の道路景観整備です。 道路の規格別に歩道の舗装材を選定し、路線の連続性や景観に配慮しました。また、舗装材だけでなく街路樹のネットワークを形成し、四季の変化を感じる空間づくりとその路線の特徴づけを行いました。

幹線道路

補助幹線道路

kansen1